スマホ老眼を放っておくな!習慣を変えられないならせめて栄養を与えましょう

スマホ老眼?たかが見えにくいだけでしょ?

スマホ老眼

電車に乗れば吊皮を持ちながらスマホを触っている人が半数以上、友達同士の食事中もみんなスマホを見ている、そんな光景は当たり前のようになりました。一人の時ならまだしも、誰かといるのにスマホを触っている・・・。今までであればそれが相手に対して失礼に値するという常識も、今では特に気にならないこととなりました。

 

スマホ一つあれば、動画だって、メールだって、SNSだって、世界のニュースを知ることだって何でもできてしまう。とても便利ですが、便利と引き換えにあなたの眼はどんどん悪くなっています。

 

ただ、見えにくいだけで放っておいても良いでしょうか?今一度、眼の健康を考えてみませんか?

現代病とも言えるスマホ老眼とは?

暇さえあればスマホを触っているという人が多いのではないでしょうか。情報収集したり、ゲームで暇つぶしをしたり、仲間とつながって寂しさをまぎらわせることもできます。

 

スマホがあれば、待ち合わせの相手が遅れてきても時間がつぶせてイライラしません。

 

電車の中でも暇つぶしができますので、本を持ち歩く人も減りました。スマホを忘れると不安で仕方がないという人もいるでしょう。いつも手に持っているスマホがないと落ち着かないかもしれません。

 

単に連絡が取れないという心配ではなく、パソコンや手帳、時計、カメラなどさまざまなグッズの代わりになりますので、スマホがないと困る人も多いでしょう。

 

しかし、この便利なスマホが原因で、目の不調を訴える若者が増えています。

 

スマホによる目の不調で最近多いのが、「スマホ老眼」と呼ばれるものです。

 

スマホ老眼

一般的に老眼とは40歳以降の人に起こる目の症状で、近くのものが見にくく遠くのものが見えやすいというものです。

 

スマホ老眼

年配の方が新聞や資料を読むとき、少し顔から話して読んでいる姿を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。子どものころ、学校の先生や親せきが本を読むときに目から離して読む姿を見て不思議に思った人も多いでしょう。

 

老眼の症状は年配の人に起こるものですが、最近はまだ老眼には早いような若い人にもこのような症状が起こることが増えているそうです。

 

その原因が、スマホだというので「スマホ老眼」と呼ばれています。朝から夜まで時間があれば長時間スマホを見続けている人は、スマホ老眼になる危険性があります。

 

目が見えづらくなると大変不便なので、スマホを毎日長時間使っているという人は注意が必要です。

 

スマホは便利で楽しいので、見ているうちに時間を忘れてしまうこともありますが、長時間の使用は目に悪影響を及ぼす可能性がありますので注意が必要です。

スマホ老眼の症状とは?

スマホ老眼

スマホ老眼になるとどのような症状があらわれるかご紹介します。

 

スマホ老眼は若年性老眼とも呼ばれます。まだ老眼になるような年齢ではない若者なのに、老眼と同じような症状が出てしまいます。

 

具体的にどのような症状かというと、まず近くのものが見えにくくなります。近くのものを見ようとしても見えづらく、少し離して見た方が見えやすいです。また、近くのものを見ようとすると焦点がなかなかすぐに合わないという症状もあります。

 

普通だったら近くのものの方が見やすいでしょうが、老眼になると近くのものが見えにくく、本なども少し離して見た方が見えやすいという特徴があります。

 

また、小さい字が見えにくくなります。見えにくいので小さい字を見ていると目が疲れてしまいます。目が疲れやすいので、肩こりや頭痛がおきたりします。

 

学生の人は勉強のために教科書や書物、辞書を読む機会が多いでしょうが、小さい字が見にくいと目が疲れてしまい勉強に支障をきたすかもしれません。

 

また、社会人の人も資料を読むときに見えにくいことがあるかもしれません。仕事でパソコンを使うことが多い人は、さらに目が疲れてしまうでしょう。

 

スマホ老眼は、一般的な老眼と同じような症状ですが、若年性老眼の方が進行が早いため重症化してしまうことがあります。

 

若い人は老眼と言ってもピンとこないでしょう。自分には関係ないと思っている人が多いと考えられます。

 

しかし、スマホが手放せない人は、目に負担をかけてしまっていて、これらのような症状が出てくる人が増えています。近くのものが見えにくくなったとき、視力が落ちたのかと感じるかもしれませんが、実はスマホ老眼だったということもあるでしょう。

 

若い人でも遠くが見えやすく、近くが見にくいという老眼の症状があらわれたら、スマホ老眼を疑った方がよいでしょう。

スマホ老眼の原因とは?

スマホ老眼

スマホ老眼は、スマホやパソコンを長時間使うことで目に負担がかかってしまうことが原因です。

 

メールやSNS、ゲームなど、スマホがあれば時間を忘れるほど楽しむことができるという人は多いでしょう。しかし、長時間スマホを使っていると、目はずっと画面を見ていることになりますので、目に負担がかかってしまいます。

 

時間があればすぐにスマホを触ってしまう人や、昼はパソコン、夜はスマホというように、一日中画面を見ている人は、目に大変な負担がかかっています。

 

目にはレンズにあたる水晶体というものがあります。近くのものを見る時や、遠くのものを見る時は、水晶体が厚さを調節してピントを合わせています。

 

水晶体の厚さを変えるのは、毛様体筋という目の筋肉なのですが、この部分が弱くなることで、ピントが合わせにくくなり、近くのものが見えにくくなってしまいます。

 

毛様体筋が弱ると水晶体の柔軟性も低下してきます。そのため一般的な老眼とは少々原因が違い、症状の進行も早いです。

 

スマホはとても便利で楽しいです。友人とのコミュニケーションにも欠かせないアイテムです。たびたびメールチェックをしなくては気になってしょうがないという人もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、スマホを使いすぎることが原因で老眼になってしまうということを知らない人も多いのではないでしょうか。

 

眼なんてまだまだ先の話と思っている若い人でも、若年性老眼、いわゆるスマホ老眼になってしまう可能性があるので注意しなくてはいけません。スマホを使っている時は楽しいでしょうが、このことが原因で目に過剰な負担をかけてしまい、目が見えづらくなってしまいます。

 

近くのものが見えにくく、ピントが合いにくいということになると、とても不便になるでしょう。目が疲れるほどスマホを使うことを避け、目の健康を守るようにしましょう。

スマホ老眼を予防する3つの対策法!

スマホ老眼

スマホはとても便利ですが、使いすぎることで老眼になってしまっては困りますよね。

 

スマホ老眼を予防する方法を知って、目の健康を守りましょう。

 

まず、スマホを見る時は、画面を目に近づけすぎないようにします。つい見入ってしまうと、スマホの方に顔がどんどん近づいてしまう人もいるでしょう。

 

スマホの画面を見る時は、40cm程度離して見るようにしましょう。使っているうちにだんだん画面と顔が近づいてしまうこともあるでしょうから、意識的に離すようにするとよいでしょう。

 

また、連続してスマホを使うのも目が疲れやすくなりますので注意が必要です。

 

30分使ったら5分休憩するなど、連続して使うことを避け、休憩を挟むようにしましょう。

 

集中してスマホの画面を見ていると、まばたきの回数が減ってドライアイになることがあります。まばたきをするとドライアイの解消になるだけでなく、虹彩の筋肉と毛様体筋のストレッチになります。意識的にまばたきをするようにしましょう。このとき、親指を立ててピントが合うギリギリの距離を見ながら目をつぶったり開いたりを繰り返すのがポイントです。ピントを合わせる筋肉が動くのでストレッチ効果が期待できます。

 

また、疲れた目が回復するためには睡眠も重要です。ダメージを受けた目の細胞が修復されるのは、午後10時〜午前3時の間です。十分な睡眠時間を確保するだけでなく、睡眠をとる時間帯も重要です。午後10時〜午前2時は肌細胞が修復されるシンデレラタイムと呼ばれ、成長ホルモンが分泌されるので、この時間に眠っておいた方がよいと言われています。目ができるだけ疲れないような対策をとっても、スマホやパソコンの使用で1日の終わりには目が疲れているでしょう。疲れた目はその日のうちに回復するように、良質な睡眠をとることを心がけましょう。

スマホ老眼やその他目の不調に効果のあるアイケアサプリメントをご紹介

スマホ老眼を始め、加齢に伴う老眼、またはその他目の不調に効果が期待できるサプリメントが人気を集めています。テレビCMなどでも、大手各社がアイケアサプリを宣伝しているのを頻繁に見るようになりました。それだけ、今『目の健康』について考える方が増えているということでもあります。

 

こちらでは、テレビCMでよく見かける、アサヒのディアナチュラ、ロート製薬のVアクティブ、ファンケルのえんきん、そして『めなり』という今ネット販売で効果が高いと人気のサプリを比較しました!

 

おすすめ!

めなり

アサヒディアナチュラ

【ルテイン&ゼアキサンチン】

スマホ老眼

めなりはさくらの森が販売している2粒で1日に必要なアントシアニン&ルテイン・ゼアキサンチンが摂れます。さらに新成分クロセチン・アスタキサンチン配合。目に優しいビタミン・ミネラルもとれる人気のビルベリー&ルテインサプリメントです。

 

ルテイン12mg
ゼアキサンチン2.4r
米国特許ビルベリー170r
アスタキサンチン1r

 

通常価格3,980円ですが、毎月300名限定で初回77%OFF907円で購入できる特別キャンペーンがあります。2回目以降も25%OFFの2,980円とお得になります。

↓↓↓

詳細はこちら

 

スマホ老眼

参考:http://www.asahi-fh.com/company/newsrelease/2015/150817.html

 

眼の黄斑色素量を維持する働きがあり、コントラスト感度の改善やブルーライトなどの光刺激からの保護により、眼の調子を整えることが報告されているルテイン、ゼアキサンチン配合アサヒフードのサプリメント。

 

ルテイン10r
ゼアキサンチン2r

 

60粒入り(30日分)1,300円(税抜)

 

ファンケル【えんきん】 ロートV5

スマホ老眼

参考:http://www.fancl.co.jp/items_ex/ex2_5391a/

 

「えんきん」には、ルテイン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHAが含まれるので、『手元のピント調節機能』を助けると共に、目の使用による肩・首筋への負担を和らげます。

 

ルテイン10mg
アスタキサンチン4r
DHA50mg

 

60粒入り(約30日分)2,160円

 

スマホ老眼

参考:http://www.rohto.co.jp/news/release/2015/0616_01/

 

網膜に働きかけ、「見る力」の維持をサポートすることが報告されているルテイン、ゼアキサンチンを含有ロート製薬の目のサプリメント。

 

ルテイン10r
ゼアキサンチン2r

 

30錠入り(30日分)1,800円(税抜)

 

 

市販の、アサヒディアナチュラ(ルテイン&ゼアキサンチン)・ファンケルのえんきん、ロートV5は共に、ルテインが10rに対し、めなりは12r、また、めなりに含まれるビルベリーは特許取得のビルベリーであり、ルテインと一緒に摂取することでルテインの吸収率を高めてくれます。

 

ネット販売のみの「めなり」ですが、配合されている成分は他のサプリよりも配合量や内容が大きく上回っていることがわかります。

 


http://www.saleperlacapra.com/http://www.schettin.com/http://www.smilehits.com/http://www.sportcargalaxy.com/http://www.sensation-porno.com/http://www.imamhatipli.net/http://www.methodmecca.com/http://www.w3prodigy.com/http://www.fichier-emailing.com/http://www.erzincanzirve.com/http://www.yumenosatosekkei.com/http://www.mssmartsolutions.com/http://www.inthemine.info/http://www.dragstripcourage.com/http://www.cyber3d.info/http://www.junglesafaristanzania.com/http://www.aroyasolaw.com/http://www.grww.net/http://www.nikeskodanmark.com/http://www.preferred-online-gambling.com/