めなりとわかさ生活のブルーベリーアイを比較した結果

めなりVSわかさ生活ブルーベリーアイ

スマホ老眼

 

アイケアサプリメント、さくらの森のめなりとわかさ生活のブルーベリーアイ、これらの比較した結果をこれから述べていきましょう。

 

まずこの2つのサプリメントを比べてみて、共通する点は・・・

それはこの2つのサプリメントにはブルーベリーの5倍のアントシアニンが含まれる、ビルベリーを使っているのです。

 

アイケアサプリメントとして、2つとも高い効果があるのも頷ける事実です。

 

2つを比較して違うと感じた点は・・・

めなりは、より効果を発揮出来る厳選したビルベリーを使って作られています。

 

わかさ生活のブルーベリーアイには、より効果を発揮出来る厳選したビルベリーを、超微粒子化したナノビルベリーに昇華して使っているのです。

 

超微粒子化がされたナノビルベリーは、細かくされた事によってその吸収効率が大幅にアップしています。

 

その吸収効率は、通常の約2倍にアップしています。例え含有量が同じでも吸収効率が違えば、当然その効果に違いが出てきます。

 

一方で、めなりは特許を取得しているビルベリーを使用しているというところにこだわりが見られます。わかさ生活のようにナノ化こそされてないものの、通常のビルベリーに比べて吸収率は2倍以上です。

 

両社ともにビルベリーの吸収率が良くなっていることがわかります。

 

またわかさ生活ブルーベリーアイはアントシアニンは吸収利率を良くするため腸の働きを助ける乳酸菌が約33億個も含有されています。めなりは乳酸菌が含まれていませんので、普段便秘がちな人にとってはわかさ生活のブルーベリーアイが良いかもしれませんね。

 

そして、わかさ生活のブルーベリーアイには乳酸菌以外にもルテインやカシスといった、ビルベリーの働きを促進する効果も含まれていて、ただ良い素材を使うだけではだめだ、吸収されなければ意味が無いという考えが表れています。

 

ビルベリー、ルテインにより特化しているのはめなり。複合的な要素も多く持っているのはわかさ生活のブルーベリーアイというところでしょうか。