めなりと北の国から届いたブルーベリーを比較

アントシアニンはめなりの方が断然多く摂れます

 

パソコン作業、事務作業など目を酷使してしまうと目の疲れがそのまま脳の疲れにつながり、疲労感が抜けにくくなります。

 

めなりとやわたの北の国から届いたブルーベリーはどちらもアントシアニンが豊富に含まれていることから、目の疲れ、目のピント機能の低下を予防してくれる働きがあります。

 

目が乾く、ぼやける、まぶしい、気分がすっきりしないといった症状にも効果があります。

 

アントシアニンはビルベリーやブルーベリーに多く含まれていますので、めなりもやわたもベリーの含有量が多いことを特徴にしています。

 

めなりは170ミリグラム、吸収量倍、やわたは60ミリグラムとなっています。

 

めなりはルテイン、ゼアキサンチン、ルテイン、クロセチン、アスタキサンチンが配合されています。

 

一方やわたはカシス、メグスリノキエキス、ルテイン、コエンザイム、DHA,EPAといった脳によいものや美容成分も配合されています。

 

めなりのビルベリーは普通のブルーベリーと比較してアントシアニンが5倍で、吸収率が203パーセントもアップしています。

 

特許取得のビルベリーのため、酸化しづらく時間がたっても効果が持続し、持続力が2.5倍にも上ります。

 

やわたは野生種のビルベリーを使っており、カプセル1粒にビルベリー60個分を詰めていますので、1日1粒でよいというところが特徴です。

 

すっきりとクリアな視界を保つという機能性を備えた機能性表示食品として消費者庁の認定を受けているところも特徴です。

 

体内で生成されにくいDHA,EPAを配合していますし、アントシアニンが多いカシスエキスも配合、漢方として利用されているメグスリノキエキスとあわせて目のためにいいものをしっかりと配合しています。

 

緑黄色野菜に含まれているカロテノイドの一種ルテインをマリーゴールドから採取しているところも植物性にこだわりを感じさせてくれます。

 

めなりにもベータカロテンが配合されており、夜間の視力の維持の助けとなりますので、目の健康のためを考えた配合といえます。