アントシアニンの効果効能

アントシアニンの効果や効能とは

スマホ老眼

 

アントシアニンとは太陽に当たる果実が太陽からの紫外線で中身が傷つかないように、自身の体から抗酸化物質を作り出して表面をコーティングしたものです。

 

その特徴としては濃い紫色をしていることですが、その濃い紫色が体内に吸収されるとよい影響を与えます。

 

一般的なアントシアニンの効果効能としては一般的な知識の通りに目に関することです。

 

アントシアニンが体内に吸収されると、目の中にあるたんぱく質ロトプシンと呼ばれる物質の合成に役に立ちます。

 

ロトプシンは目の中に入った光信号を受け取った脳に伝える伝達物質の役割を担っており、この物質の合成が遅くなると目のかすみや遠近感の狂いなど眼精疲労につながります。

 

そこでアントシアニンによってロトプシンの合成を助けることで伝達力が回復すると眼精疲労を改善します。さらに果実が太陽からの紫外線から身を守るために分泌するアントシアニンは強い抗酸化作用を持っていることによって、眼の中にあるレンズが紫外線によって白濁しはじめる白内障や紫外線がより深い場所に入り込むことで起こる視神経の傷緑内障にも効果があります。

 

スマホ老眼

これまでの認識は目が一般だったのですが、近年ではそれ以外の効果も期待されています。

 

その効果というのが生活習慣病の改善です。生活習慣病は余分な脂肪や塩分が排出されずに体の中に溜まることで血管を狭めることになり、その結果動脈硬化や高血圧などの重い症状を引き起こすことになります。アントシアニンには脂肪を溶かす作用があるため、血管内の脂肪を溶かし余分な塩分や水分が流れるのを助けるので生活習慣病の予防にも役に立ちます。