コンタクトの処方箋なしでネットで購入

コンタクトレンズに処方箋は元々存在しない

スマホ老眼

コンタクトレンズの購入方法と言えば眼科や併設の専門店を利用して入手するのが通常でした。

 

しかしながら現在ではネットでも簡単に購入することができ、しかも処方箋が不要で買うことが可能ですので、コンタクトレンズを手に入れる為のハードルも随分と低くなっているのです。

 

しかしながら以前なら当たり前のように医師から診てもらってから購入していたコンタクトレンズが、処方箋も不要で買えてしまうのは不思議に感じる方もいるかと思われます。

 

なぜネットでも簡単に購入できるのかと言えば、それはそもそもコンタクトレンズの為の処方箋というものが存在しないからです。

 

処方箋は医薬品に対して交付するものですので、高度管理医療機器に該当するコンタクトレンズの場合は不要となっています。

 

では以前に交付されていた紙は何かと言うと、それは装用指示書というものであり、その患者に対してどういったコンタクトレンズを販売するのかという指示をするものですから別物なのです。

 

このような理由で特に医師からの許可もなく購入することができるのですが、しかし販売店の中には処方箋を求めるところも存在します。

 

その理由としては安全を重視する考えが強い販売店だからと言えます。

 

販売をする方としては眼科を受診しない人に売ってトラブルが起こるのは防止したいという考えがありますので、本来は不要な場合でも安全の為に提出を求めてくることもあるのです。

 

眼科へ行く必要もなくコンタクトレンズが購入できるのはメリットがあることでもありますが、ただ医師の許可も不要でネットで簡単に買えるからといって軽く考えてしまうのは良くありません。

 

前述したように高度管理医療機器に該当する器具であり、使用上の注意をよく守って使うようにしないと目に対して何らかの不具合を発生させてしまう恐れがあるのです。

 

事実、コンタクトレンズによるトラブルは増えており、その多くが不適切な使用によって生じたものです。つまり大事なのは装用者が適切に使用する心掛けであり、安易な使い方になると大切な目を傷付けてしまう恐れがあります。

 

また、長く使っているうちにだんだんと、当初合っていた度数が合わなくなっているのに気づかず装着し続けていることで目が疲れやすくなり目の不調につながることもありますので、定期的に眼科を受診することは大切です。

 

自分の目は自分で守る必要がありますので、正しい使い方をマスターすることは当然のことながら、何もなくても定期的に眼科へ行く心掛けが必要と言えるでしょう。