スマホ老眼で眼科に行くべきなのか?

スマホ老眼かなと思ったときに眼科に行くべきか?

スマホ老眼

 

老眼というと年配の人に多い目の悩みというイメージがありますが、最近は20代、30代などの若い世代にもそうした悩みを抱える人が増えています。

 

若い世代に老眼が増えている原因としてはスマホの普及があげられます。

 

毎日長時間スマホでインターネットを楽しんだり、ゲームを楽しむなどで目の疲労が起こり、ピント調整が難しくなってしまいます。

 

こうした老眼をいわゆるスマホ老眼と呼びます。

 

スマホ老眼の対策としては、まずは目を休めることが大事ですので、画面を見る時間を少なくする、遠くを眺める機会を増やすなど目の疲労を取り除いていきましょう。

 

このほかには近くと遠くを交互に眺めたり、目を動かすストレッチなども改善に役立ちます。
目が疲れたときにはホットタオルなどを利用して目を温めてみることもおすすめです。

 

努力を行うことで、目の疲れもかなり改善され、スマホ老眼の進行を抑えることができますが、努力していてもなかなか改善ができないという場合は眼科で診察や検査を受けてみることもおすすめです。

 

眼科ではそれぞれの症状を確認し、目薬などの処方が行われます。悪化させないためのアドバイスなども行ってくれますので、しっかり聞いておきたいところです。

 

そしてメガネやコンタクトレンズの度数が変わっている場合もあり、よりスマホ老眼の症状がつらく感じる場合もあります。
こうした場合はコンタクトレンズやメガネの度数を変えることでより楽になることもありますので、長く測定し直していないという場合は測定を行っておくこともおすすめです。

 

治療で一時的に改善しても、またスマホを長時間見ていると症状は進みやすいので、画面を見る時間を少なくしたり、休憩を入れるなどの工夫も続けていきましょう。