ドライアイをただの目の乾燥だと放っておいてはいけません

ドライアイについて

ドライアイは年齢に関係なく症状が現れる目の疾患です。

 

ドライアイは涙が不足し潤いがなくなるため目の表面が傷つき物がかすんで見える、目がしみる、疲れやすいなど様々な症状を引き起こします。

 

原因としてはパソコンやスマートフォンなどの使用やエアコンの使用、コンタクトレンズの装用があげられます。

 

ドライアイの予防法と対策法としてはエアコンの風が直接当たらないところに座る、コンタクトレンズを正しく使うといったことがあげられます。

 

パソコンの画面は目よりも下の位置に設置することも大事です。

 

これは上に向けてしまうと乾燥した空気が目の中に入りやすくなるからです。数分ごとに目を休め、瞬きを意識的に行います。

 

ドライアイになり涙が不足してしまうと雑菌や細菌を洗い流すことができず結膜炎になったり、栄養分が目に行かなくなったりします。

 

ひどくなると目を閉じても痛く感じるので不眠症や頭痛の原因となることもあります。

 

目薬でも効果がありますが、防腐剤が含まれていないものを選ぶと良いです。