ビルベリーエキスはスマホ老眼や眼精疲労などにどのような効果があるのか?

ビルベリーの効果とは?

ビルベリー

 

ビルベリーエキスに多く含まれる天然色素のアントシアニンは、眼精疲労や老眼、近年増加している若年者のスマホ老眼やドライアイなどの目の病気予防や改善に効果があります。

 

通常、人が網膜で光を感じるために必要な物質のロドプシンは、体内で合成されますが、加齢や栄養不足で合成する力が減少していくため、ビルベリーエキスに含有するアントシアニンの力でロドプシンの合成を助け、活発化させることで、目の疲労が回復したり、視力の低下を抑制する効果があります。

 

そして、網膜で光を感じるために必要なロドプシンは、網膜部分にあるたんぱく質で、分解されたロドプシンは自然に再合成されますが、目を酷使する状態が長くと再合成が間に合わなくなってしまうことで、ドライアイや老眼、スマホ老眼などの目のトラブルの原因となります。

 

 

また、ロドプシンの合成を活性化させる働きがあるアントシアニンの成分には、分解されたロドプシンを再合成する働きを促進する効果や、コラーゲンを増やし、傷の回復を早めたり、筋肉をリラックスさせ、血液をサラサラにするなどの効果もあることがわかっています

 

このようなアントシアニンは、ポリフェノールの一種で、眼精疲労や視力回復、低下した網膜の機能を回復したり、白内障の予防、抗酸化作用、毛細血管の保護などの働きがあります。

 

また、ビルベリーには、紫外線から身を守るためにアントシアニンという青紫色の色素が多く含まれ、非常に強力なその抗酸化力で老化を抑える働きをしますが、さらに、ビルベリーには、目の網膜を光から保護する働きがあり、網膜組織の細胞死や視力の衰えを抑制する効果があります。

 

なお、加齢黄斑変性の大きな原因となっている光のストレスは、ビルベリーを摂ることで、ストレスから目を守ります。

 

そのため、意識して摂取することで眼のトラブルの防止につながるアントシアニンを多く含むビルべリーは、ドライアイや眼精疲労などに良いだけでなく、体全体に好影響を与えてくれる食品といえます。

 

そして、ビルベリーは、ブルーベリーと比較すると2倍から3倍ものアントシアニンが含まれていますが、そのビルベリーに多く含まれているアントシアニンは、老眼やドライアイなどのほか、眼に起こりやすいスマホ老眼などの不快感やトラブルの改善に有効な成分です。

 

また、すぐれた抗酸化作用を持っていることもあり、紫外線によるダメージから目を守り、白内障などの目の老化の予防にも効果的です。

ビルベリーの科学・医学によるデータ

スマホ老眼

 

眼の病気のなかでも、糖尿病性網膜症は、糖尿病が原因で眼の毛細血管に障害が起きて視力の低下や失明が起こる深刻な眼の病気ですが、高血圧により、眼の毛細血管が硬くなって出血や網膜はく離が起こる高血圧性網膜症や、加齢が原因で眼の水晶体が濁り、視力低下や失明が起こってしまう白内障、さらには、眼の酷使によるスマホ老眼や老眼、ドライアイ、眼精疲労などの目の症状がある人に、アントシアニン36%のベリーのサプリメントを3ヶ月継続して摂取させたところ、ほとんどのケースで効果があったという臨床結果の報告があります。

 

ビルベリーのアントシアニンの構造は、アントシアニジンと糖が結びついたものですが、デルフィニジンとシアニジンを多く含んでいるため、特に抗酸化力が高いことが特徴となっていますが、このビルベリーと同じ抗酸化作用を期待するには、野菜では1日、350gも摂る必要があります。

 

そして、ビルベリーは、ブルーベリーと比較すると2倍から3倍ものアントシアニンが含まれていますが、そのビルベリーに多く含まれているアントシアニンは、老眼やドライアイなどのほか、現代病のひとつでもあるスマホ老眼などの眼精疲労による不快感やトラブルの改善に有効な成分で、そのすぐれた抗酸化作用により、紫外線によるダメージから目を守り、白内障などの目の老化の予防にも効果的です。

 

また、月経時に、下腹部の痛みや腰痛が起こり、吐き気やめまい、頭痛が起こる月経困難症は、ブルーベリーを月経の三日前から1週間ほど取り続けると月経困難症の症状が和らぐという臨床研究があります。

 

なお、月経時には、プロスタグランジンF2αという物質が多量に分泌されることで、子宮筋を収縮させ、月経困難症の原因ともなっていますが、ブルーベリーはこの物質の分泌を調整する効果があると考えられています。

 

そして、アントシアニンは、血圧を上げる酵素の働きを抑制し、高血圧を予防する働きや、血液中の血小板が固まるのを防いで毛細血管の弾力性を維持して血管を守る効果があります。

 

また、アントシアニンは、ポリフェノールの仲間なので、体内に増えた活性酸素を退治する抗酸化作用により、動脈硬化を防止し、血管のトラブルである心筋梗塞や脳出血などの予防や肝臓の機能を高める効果も期待できます。

 

このようなアントシアニンは、1976年には、イタリアで医薬品として製造、承認され、ヨーロッパやニュージーランドなど、多くの国で活用されています。

 

ビルベリーサプリメントの効果的な取り方について

ビルベリーはそのまま食べても効果がありますが、サプリメントでの摂取では、より効率よく取り込むことができます。

 

そんなビルベリーエキスのサプリメントの取り方として、基本的には薬ではないので、いつでも飲むことは可能ですが、より効果的にビルベリーエキスを取るためには、アントシアニンの吸収力アップのため、食後に飲むことがおススメです。

 

それは、食後にビルベリーエキスを飲むと、食事で摂った栄養素との相乗効果で、より、アントシアニンの吸収力が高まるからです。

 

そして、アントシアニンは、摂取してから1時間から3時間ほどで全身に行き渡りますが、24時間で体外に排出されてしまうという性質を持っているので、アントシアニンの効果をキープするためには定期的に摂取することが大切です。

 

そのため、1日3回、こまめにビルベリーエキスを摂取するとアントシアニンを長く体内に留めて置くことができます。

 

なお、ビルベリーエキスのサプリメントは、コーヒーなどのカフェインを含む飲み物で飲むことで、吸収力が落ちてしまうため、必ず、水かお湯で飲むようにします。

 

このようなビルベリーエキスサプリメントは、目や身体に良いとされる食べ物でも、毎日大量に摂取することが難しいことから、手軽に取りいれることができる方法と言えます。

 

そして、多くのメーカーから、ビルベリーエキスのサプリメントが研究開発され、販売されていますが、そのなかでも、ビルベリーエキスの効能をより高める効果がある取り方では、ビルベリーとともに、ルテインやメグスリノキなどが配合されているサプリメントを取ることで、更なる効果が期待できます。

 

それは、ルテインは、目に良いとされる成分でカロテノイドの一種ですが、網膜の中心にある黄斑の色素濃度を高め、物が鮮明に見えるようにする働きをし、メグスリノキは、古来から、洗眼や目薬に使用されていた眼に効果的な成分であるからです。

 

また、ビルベリーエキスなどの有効成分の含有量も確認し、効果的に取るためには、成分が多く含有されているサプリメントを選ぶようにします。

 

なお、ビルベリーエキスなどのサプリメントは、即効力はなくても、長く摂り続けることで、効果が少しずつ出てくるため、長く続けられそうなサプリメントを選択することも大切です。

 

また、長く飲み続けるために、コストパフォーマンスも大きな要素となるため、ビルベリーエキスなどのサプリメントの購入の際には、定期購入などの割引などを考慮しながら、自分の体質に合う品質が高いサプリメントを選択するようにしましょう。