レーシック手術の相場と注意点

レーシック手術の相場と注意点について

スマホ老眼

 

レーシック手術は目の角膜をレーザー光線の力で削り、カーブの角度を変形させることで視力を良くする方法です。

 

施術の際角膜の表面につくるフラップの名称からレーシックと一般的に言われるようになり、一度受けると日常的に眼鏡やコンタクトをつけるなどの煩わしさから解放されるため、現在では人気の治療のひとつです。

 

レーシック手術は自由診療のため、相場は従来かなり高額でしたが、需要が高まるにつれ取扱う眼科が増えたことから現在では価格帯にばらつきが出始め、相場自体もかなり下がり10万円前後のレーシック手術も登場しています。

 

ただレーシック手術は料金の安さだけでなく、施術の方法や担当医のスキル、衛生面での安全性まで検討する必要があり、相場より大幅に安い治療などは逆に注意が必要です。

 

一度削った角膜は再生することができないため慎重に検討し、信頼のおける医療機関で受ける事が重要です。

 

本来視力がよくなることを目的としたメリットの大きい施術であり、一生手入れのコストがかかるコンタクトなどと異なり、長期的な視点にたてばレーシック手術は便利なだけでなく、対費用効果の高い視力回復法ですが、手術を受ける前に必ず検討すべきことがいくつかあります。

 

まず強度の近視や乱視、また老眼には効果がありません。

 

他に目に関する持病がある場合などは事前に医師に相談すべきです。

 

術後はドライアイや夜間にみえにくくなるなどの症状が一部の人に出る可能性があるので、説明をきちんと聞いてか自分にあうかどうか判断をしましょう。

 

医療許可をとっていないところでレーシック手術を受けるのは大変危険であり、細菌などによる感染症などが報告されています。

 

ただ全体的にみて日常生活やスポーツなど様々な面で役に立つのが手軽で効果の高いレーシック手術で、多くの人が現在までに受けた実績がある、本来安全性の高い施術です。

 

十分考慮したうえであれば有効性の高い視力矯正法だと言えます。