目の下のクマについて

血行不良が主な原因

スマホ老眼

 

目の周りの皮膚は顔の肌でも特に薄くデリケートな部分です。それゆえトラブルも起きやすい傾向にありますが、目の下のクマも多くの人が悩んでいる症状です。

 

コンシーラなどで一時的に目立たなくすることはできますが、根本的な解決ではありません。

 

目の下のクマができると疲れた感じに見えてたり、不健康に見えてしまいますし、老けた雰囲気にもなってしまいますので、やはり改善は行っておきたいところです。

 

そして、目の下のクマも誰もができるというわけではなく、できやすい人とそうでない人があります。

 

まず、目の周りを擦るようなことはクマができやすくなりますので、余計な刺激は与えないよう気をつけたいところです。

 

スマートフォンやパソコン、ゲーム、読書などで目を酷使すると目が疲れてしまいますので、無意識に擦ることも多いですし、メイクや洗顔、クレンジングなどの際にも力を入れてこすってしまうとクマになりやすいので、こちらも注意したいところです。

 

マッサージなども改善に役立ちますが、このときに力を入れて強く行うことは逆効果になりますので、こちらも気をつけましょう。

 

目の下のクマができる原因はこのほかにもあり、冷たい飲み物を多く飲む人にもできやすい傾向にあります。

 

目の下のクマができてしまう原因のひとつには、血行不良がありますが、冷たい飲み物を多く飲むことは体を冷やすことにつながり、血行を悪くしてしまいます。

 

夏場は特に冷たいものはおいしいですが、クマができやすい人は冷たい飲み物を飲みすぎないよう注意しましょう。

 

目の下のクマを改善するためには、あまり目を酷使せず、適度に休めることも大事です。そして血行を改善するためには体を温めたり、軽いマッサージやツボ押しなども取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

そしてできるだけ目の周りの皮膚に刺激を与えないことも大事ですので、強く目をこすったりしないこと、スキンケアの際も優しく丁寧に行うことが大切です。