眼精疲労とは?ただの疲れ目だと放っておいて良いのか?

ドライアイの症状と対策

眼精疲労とは、目の痛みやまぶしさ、目のかすみや充血等の、目に起きる症状の他に、肩こり、頭痛、吐き気等の全身症状が現れる状態です。

 

十分な睡眠や休息をとってもなかなか回復しないくらいの重い症状の場合、眼精疲労とされます。原因は様々で、度数の合わなくなった眼鏡の使用、老眼の初期段階にパソコン作業等で無理をした場合、緑内障や白内障、精神的なストレス、身体の他の部位の疾患から起こることもあります。

 

長時間パソコンに向かう生活をしている人に多い眼精疲労ですが、予防法としては、パソコン作業を1時間したら必ず休憩をとること、眼鏡を作るときに常用距離を1mくらいとすること等があげられます。

 

特効薬は開発されていませんが、ビタミン剤入りの目薬が効果的な場合も多いです。眼科医の診察を受けるのはもちろん大事ですが、その他に自分でできる対策としては、マッサージで緊張をほぐしたり、少し熱いくらいのおしぼりと冷たいおしぼりを交互にまぶたにのせること等があり、血流を改善させ目の疲れをとることができます。