結膜炎について

結膜炎の症状について

結膜炎は年齢に関係なく誰でもなりやすい目の病気です。あなたの周りでも結膜炎になったという人は少なくないはず。他人事と思わず下記のような症状を感じたらすぐに眼科に行って下さい。

 

結膜はまぶたの裏側と眼球前方の表面をつないでいる薄い膜で、白目の部分を覆い、まぶたの裏側まで続いています。

 

結膜は、外界と直接に接しているためウイルスや細菌、アレルゲンなどの異物と接触しやすく、こうした異物や外傷による炎症を起こしがちです。こららの炎症を総称して結膜炎と呼びます。

 

結膜炎は、原因によって流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、細菌性結膜炎、クラミジア結膜炎、アレルギー性結膜炎に分かれます。

 

どれも症状としては、白目やまぶたの裏の充血を主とし、痒みや異物感、腫れ、リンパの腫れや発熱を伴うこともあります。深刻化すると炎症が黒目までにも及んでしまい、視力障害を引き起こしたり、ドライアイなどの後遺症が残ってしまいますので早めに眼下にて受診する必要があります。