網膜剥離について

網膜剥離ってどんな症状なの?

網膜の内側の層が打撲、老化、糖尿病などではがれて裂け目から水が入り、網膜が硝子体の中に浮き上がった状態です。初めのうちは目の中がピカピカ光ったり、飛蚊症、視力の低下、視野欠損などが出ます。

 

痛みがなく、急に眼に光が出てきてなんだろう?と眼下に行くと網膜剥離だと診断されたという方が多いのではないでしょうか?

 

年齢に関係なく、強い打撲や、糖尿病の合併症で現れたりもしますので、当然若くても起こりうる目の病気です。

 

早期発見早期治療を心がけ、いつもと違うなと感じた場合は放っておかずにすぐにかかりつけの病院に行きましょう。

 

ちなみに糖尿病は目の異常から始まるのをご存知でしょうか?

 

糖尿病は発症しても最初は特に異常がでないため放っておく人が多いのですが、糖尿病が本当に恐ろしいのは合併症です。

 

糖尿病を放置し高血糖な状態が何年も続くと、最終的に失明する方もいます。

 

目の病気は目だけに限った病気ではなく、全身病の一部として現れる病気でもありますので、日頃から健康な体を維持することが大切です。