緑内障とはどのような症状なのか?

緑内障について

緑内障は、眼圧が上昇することで視神経に障害が出る病気です。

 

自覚症状がないまま進行することが考えられ、ひどくなると頭痛や吐き気などがひどくなったりすることもあるので早めの治療が望ましいとされています。

 

緑内障の原因として考えられるのは近視の症状がある人や遺伝性、片頭痛持ちの人、高齢者に多いとされていますので、もともと目が悪くて親族に緑内障の人がいたり高齢である人は、緑内障になる可能性が高いといえますので早めに眼科に受診することをおすすめします。

 

視野が欠けているなどの症状がある人は検査を受けるようにしましょう。

 

予防法や対策については日常生活において眼圧を上げないようする生活を送ることです。

 

食生活に関しては目に良いとされる食べ物や、血流の流れを良くすることで眼圧を下げる効果があるビタミンE、目の粘膜を丈夫にしてくれるビタミンCなどのビタミン類を積極的に摂取することです。

 

また、ストレスを溜めすぎずしっかりと良質な睡眠をとることも大切になってきます。

 

コーヒーなどのカフェイン入りの飲み物は、眼圧を上げる作用があるのでほどほどにしましょう。

 

日頃の生活の中で心がけて快適な生活を送れるようにしたいですね。