私が考える視力を戻す方法

視力を回復させるには衰えた筋力を鍛える必要がある

スマホ老眼

パソコンやゲームなど目に負担をかけすぎてしまうと、目の筋肉に影響が出てきます。目の筋肉に負担がかかることを日常的に繰り返すことによって視力が下がってしまいます。

 

下がった視力を取り戻すためには衰えた筋肉を鍛えることが良いとされています、

 

視力を回復させる目の運動としては、目を強くつぶって10秒上を見ます。また目を強くつぶり下、右、左と10秒ずつ見ていきます。

 

顔を動かさないまま指の先端を目で追う運動は8の字を空中で指で描きながらそれも目で追ったり、指を奥から手前へ3回動かして目で追いかけるというのを行なっていくと効果的です。

 

この目の運動は、眼球の外側にある外眼筋を鍛えることによって眼球の動きが良くなることでピントを合いやすくする運動になります。

 

また、軽い近視などの視力を回復する場合にはツボ押しも有効です。

 

効果のあるツボはさまざまなものがありますが、眉毛の真ん中にある魚腰、眉毛の鼻側の端にある攅竹、眼の回りにある骨の淵の承泣、眉の端にある眉尻の糸竹空、目尻のくぼみにある瞳子りょう、こめかみの太陽などが目に対して効果があります。

 

これらのツボを順番に3?5秒程度押していきます。眼球を傷つけないように気をつけながら、力を入れ過ぎないように押していくと良いとされています。

 

その他の視力を回復する方法としては、血行を良くするために蒸しタオルを使って目をリラックスさせる方法やトレーニングすることのできる専用のアプリなどがあるためそれを利用するのもおすすめです。

 

身体の内側からケアする方法としては、ブルーベリーなどの食べ物に含まれるアントシアニンが網膜を助ける働きをしたり、目に入ってくる光の量を調節するのを助ける作用のあるウナギやレバーに多く含まれるビタミンAは急に暗いと炉に入った時の視力低下を防ぎ、牡蠣などに多く含まれる亜鉛は網膜の働きが活性化するとされています。

 

眼の筋肉を鍛えることや内側からのケアによって視力回復は十分に行なうことができます。