スマホ老眼と近視の違いについて

違いはどこ?スマホ老眼と近視

スマホ老眼

 

最近若い人達の間でスマホ老眼がひとつの問題になっています。

 

スマホを使いすぎることによって若い人でも老眼になってしまう、というややショッキングな事実です。

 

しかし、若い人達が「目が悪くなる」と言えば、有名なのは近視です。

 

テレビゲームのし過ぎで近視になった、というような話は以前から聞きます。

 

一体スマホ老眼と近視にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

大事なのは目のピント調節機能です。

 

人間の目は、見たい物との距離によって水晶体を広げたり縮めたりしてピントを合わせます。視力が良い人は、この調節機能が優れています。

 

近視の人は、この調節機能にズレが生じています。

 

近くの物にばかりピントが合って、遠くの物にはピントが合わない。ですので、細かい字を見ようと思えば顔を近づければ見えます。

 

スマホ老眼の人は、調節機能自体が衰えています。
近くの物にも遠くの物にも、上手くピントが合わない。

 

ですので、細かい字を見ようと思っても、なかなか見ることができない。

 

近づけてもボヤけ、遠ざけてもボヤける。まさしく老眼の人のそれです。

 

ではどうしてスマホを使うと、スマホ老眼になるのか。
本を読んだりテレビを見るのとは、どのような違いがあるのでしょうか。

 

スマホはブルーライトを発します。

 

これはパソコンやスマホから多く出ている光のことで、テレビよりも多くのブルーライトが出ています。

 

この光が目を疲れさせているのです。

 

更に、スマホは片手で持てるので目の方でピントを合わせずに、スマホ自体を動かしてピントを合わせがちです。

 

パソコンやテレビは重いので、こういったことはできません。

 

目の調節機能を一切使わずに、目を疲れさせるブルーライトを浴び続ける。こうして、若い人でも目が急速に老いていってしまうのです。