近視の症状と対策について

近視について

多くの日本人の悩みと言えば、視力の低下だと言われています。

 

以前から、日本国内には視力が低下している人が多くいましたが、特に最近ではスマートフォンの使用により視力に問題が現れるケースが増えています。

 

中でも深刻なのが、子供の近視が進んでいる状態です。小さな画面を近い距離で長い時間見続けることは、近視を誘発する主な原因となるため、スマートフォンによる目の不具合は増加しています。

 

では、近視の主な症状について解説します。

 

最も顕著な症状と言えば、遠くが見えなくなるというものです。遠くの文字や景色がぼやけ、焦点が結べなくなります。

 

そして次に、近視の予防法について解説します。

 

スマートフォンなどを使用する場合には、長時間見続けることがないように、数分おきに画面から視線を外します。その際、なるべく遠くの景色などを見るようにすることで、視力低下予防の対策として効果を発揮します。

 

また、小さな画面を見続けることは、涙の分泌を減らすことにもつながるため、意識的に瞬きを行い、目に潤いを与えることも視力低下の予防に効果があります。