遠視の症状や特徴について

遠視とは

遠視は遠くのところだけでなく、近くもぼやけて見えてしまう症状を差します。

 

特に近くを見る時に目の疲労を感じます。

 

こどもの遠視は通常の視力検査ではわかりません。そのため見落とされがちです。

 

度が強くなると調整しきれない上に、弱視や内斜視になる可能性もあるため注意する必要があります。

 

遠視の原因は、目に入ってきた光が網膜面より後方で像を結ぶため、遠いところも近いところもピントが合わなくなってしまい、正確に見えなくなります。

 

屈折異常が起こる原因ですが、眼球が生まれつき過少である。あるいは光の屈折率が一般よりも低位にあるため焦点距離が通常より長くなってしまうなどが考えられます。

 

治療法は、凸レンズのメガネ、もしくはコンタクトレンズを使用します。

 

成長段階のこどもは、時折度を検査し、レンズの厚みを変更する必要があります。