電子書籍と紙媒体

電子書籍、紙媒体どっちで本を読む?

スマホ老眼

一昔前とは違って近年では電子書籍が多く出回っていますから、紙の本から電子書籍へと移行された方も少なくないかもしれません。

 

紙媒体を好む方々からは「電子書籍は紙の質感の手触りが感じられずあじけがない」などと言われる事も多く、未だに電子書籍に対して抵抗を持っている方もいるようですが、どちらの媒体にもメリット・デメリットはありますから、好みだけではなくそういった事を踏まえて考え直してみるのも良いかもしれません。

 

電子書籍について

メリット

  • 置き場所に困らず大量の書籍でも簡単に持ち運べる
  • 印刷にかかるコストの分値段が安い
  • 文字を拡大して読む事ができたり暗い場所でも読む事ができる
  • 本がデータ化されているため紙の本のように時間と共に劣化する事がない

デメリット

  • 本を読むために必要な端末にお金がかかる
  • 割安で購入できる中古本がない
  • 購入した本を一つの場所にまとめられずインテリアに使う事もできない
  • 液晶画面を見続けないといけないため長時間になると目や肩などに負担がかかりやすい
  • 紙の本のように質感やデザインを楽しむ事ができない

 

紙媒体のメリット・デメリットに関しては前述した電子書籍と一通り逆になりますが、電子書籍が様々な面で便利であるとはいえ、紙の本の質感や重厚感などが楽しめる部分は大きいメリットと言えますし、紙媒体は必要なくなった時に中古本として売る事ができたり、他人に気軽に貸し借りする事ができる事などから根強い人気です。

 

電子書籍・紙媒体は共にメリットが多いため、どちらが優れているかを結論づけるのは難しい部分がありますが、最終的に選ぶポイントは人それぞれの読書スタイルの違いにあると言えるでしょう。

 

電子書籍はとにかく本を購入する事が多く置き場所に困っている人であったり、本を読む時間があまりなくて外出先でも端末で手軽に読める本を求めている人に向いていますし、紙媒体は紙の本特有の匂いや質感、デザインや重厚感を体験したい人や本を手に取れる形として持っておきたい人などに向いていると言えます。
ただ、目の健康という点で考えた場合、いくらブルーライトカットめがねやアプリがあるといってもディスプレイ画面をずっと見続けることは相当な目の負担になり、目に優しいという点では断然紙媒体の方が有利です。

 

スマホ老眼になってしまう人が多いのもこの電子書籍で本を読む人が増えたからかもしれません。