飛蚊症とはどのような目の病気なのか?

飛蚊症について

飛蚊症とは、目のトラブルの一種です。

 

視界の中に小さな物体が浮かんでいるように見えるという症状があります。

 

症状の出方にはいくつかのパターンがあり、「黒い線が浮かんで見える」「黒い線と点が浮かんで見える」「白い線が浮かんで見える」「白い線と点が浮かんで見える」というのが代表的な例です。

 

これらは、明るい所ほど明確に見え、視線を動かしても付いて来ます。

 

この飛蚊症の主な原因は、「紫外線」です。

 

目は、外部からの光を網膜に写すことで視覚情報を脳に伝えますが、その際に紫外線も浴びています。

 

その紫外線が目に入ることで、硝子体の中に活性酸素が生まれます。

 

それにより、硝子体の組織が酸化してしまった結果、小さな物体が浮かんで見えるようになるわけです。

 

予防法としては、「外に出る時はサングラスをかける」「パソコンを使う時間を減らす」などがあります。

 

対策としては、「酸化物を分解する酵素を作るための栄養素を摂取する」というものがあります。