スマホによる近視に注意

スマホと近視の関係

スマホの使用で近視が増えている!

 

スマホの普及に伴って近視を初めとした視力が悪化する人は毎年増加しています。

 

TVやパソコンのような大きな画面と違い、小さなスマホの画面で文字を読むときに顔を近づけてしまいがちです。

 

この繰り返しによって近視を初めとした様々な目の障害が起きてしまうのです。特に近視は一度なってしまうと完治しない症状です。

 

近視になりかけている状態であれば改善可能ですが、完全に近視の状態になると何をやっても根本的な解決はできません。

 

そこで今回は近視で起きる症状や原因について理解を深め、スマホを使っても近視にならないように予防法も紹介していきます。

 

常に見たいものが見える健康な目を維持するためにもご参考ください。

 

近視とはどんな状態

近視とはどんな事が起きている状態なのか?

 

近視は遠くがぼんやりとボヤけて見えて、近くにある物はハッキリと見える状態です。

 

近視は光の屈折異常の1種であり、外から目に入ってきた光が網膜より手前でピントを合わせてしまい、その結果見た物がボヤけてしまうのです。

 

眼の中の眼軸の長さが正常よりも長すぎる、または角膜・水晶体の光の屈折力が強すぎる場合に起こる症状です。

眼軸というのは、角膜から網膜までの距離の事です。この長さによって近視が起こります。

近視には良性と悪性の2つがあり、良性は単純近視と呼び、悪性は病的近視と呼んで分かりやすくしています。

 

単純近視(良性)の場合は多くが10代の頃から起こり始め、成人を迎える頃には進行が鈍くなっていきます。視力の程度は眼鏡やコンタクトレンズで正常の視力に矯正できる範囲内となっています。

 

病的近視(悪性)の場合は視機能障害や視野欠損を伴うものです。裸眼視力は0.1以下で眼鏡やコンタクトレンズでは完全に正常な視力に矯正できないケースとなります。

 

病的近視の場合、多くは3歳くらいの時点で発見される事が殆どです。

強度近視に要注意

強度近視は合併症が起きるので要注意

 

近視の中には眼鏡やコンタクトレンズの使用で矯正しても視力が戻らなかったり、失明に至る可能性のある合併症を併発する危険性がある物を強度近視と呼んでいます。

 

目の中の眼球壁が細長く伸びて非常に薄い状態となり、内側にある網膜も引っ張られる事によって網膜剥離が起こる可能性が高まります。

 

強度近視の場合、眼軸の長さが27ミリを超えた物であり、正常な眼軸の長さである24ミリから3ミリも伸びている状態です。

 

目は体の中でも小さい部位なので、眼軸が1ミリ伸びるだけでも視力に影響が出てしまいます。また眼軸が伸びる事によって「後部ぶどう腫」が起きやすくなります。

 

強度近視で起こる合併症

強度近視で起こる合併症の一覧

 

近視が原因の代表的な合併症には、白内障・緑内障・斜視・網膜剥離・黄斑変性などがあり、視神経にも病気をおこす事があります。

 

医療現場の報告により様々ありますが、白内障の発症率は近視の人は近視でない人と比較して約10倍もなりやすいという結果が出ています。

 

さらに網膜剥離も近視の人は約6倍も発症しやすいと結果がでてますが、これは先ほど述べた眼軸が伸びて網膜が引っ張られる事で穴(裂孔)ができやすい状態だと想定できます。

 

また、強度近視が続く事で眼球の後部が突出する後部ぶどう腫が発生し、黄斑部に影響が出てしまいます。

後部ぶどう腫は、網膜や視神経が奥に引っ張られる事で眼底以上を起こす厄介な症状です。

近視が起こる原因

近視が起こる原因の1番はスマホ

 

近視を起こしている最大の原因はスマホの使用です。スマホが普及した現在は眼の様々なトラブルにスマホが関わっています。

 

スマホの使用によって目が酷使されて起きる近視ですが、角膜から網膜までの眼軸と呼ばれる距離が長くなる事によって起こります。この状態を軸性近視と呼び、最も多い症状です。

 

また視力が遺伝によって影響されるという説もありますが、これは遺伝によって生まれつきの眼軸の長さに個人差があるため有力な説です。

 

さらに欧米人に比べてアジア人は近視が多い人種でもあり、視力が遺伝によって影響するとも考えられています。

 

特に親が近視を持っている場合、子供にも遺伝で近視になる可能性は非常に高いです。そこにスマホで眼を酷使し続けるとさらに近視が発症しやすくなるでしょう。

 

そして近視はビジネスマンや学生の方に起こりやすい目のトラブルでもあります。

 

学習や仕事で机に座って長時間に渡って机の上やパソコン画面を見続ける毎日を繰り返す事で、毛様体筋が常に緊張してしまいます。

 

そして水晶体が厚くなったままで固定されてしまう現象を調節痙攣と呼んでいます。毛様体筋が硬くなる事で水晶体を調整する事が出来なくなってしまうのです。

毛様体筋はレンズの役目を担う水晶体をコントロールします。近くを見る時には厚みを増し、逆に遠くを見るときは薄くする調整を行います。

調節痙攣によって水晶体が動かなくなる事で眼軸が伸びた状態になってしまい、近視が起こる現象を仮性近視と呼びます。

 

この仮性近視は毛様体筋が硬くなっても眼軸が伸びる前の状態ですと改善する余地がありますが、完全に眼軸が伸びてしまうと完治させる事は出来なくなるので注意してください。

 

さらに一旦伸びた眼軸は事前治癒で短くなって元に戻るという事は起きません。伸びてしまったらそのままの長さが維持されてしまいます。

 

また、眼鏡やコンタクトレンズの使用によって視力を矯正する影響で視力の悪化が進行する事は無いので安心して使う事が出来ます。

 

円錐角膜や調節痙攣などの病気が原因となり、屈折性近視と呼ばれる角膜や水晶体の屈折を大きくした結果によって起こる症状もあります。

 

病的近視の場合、眼軸が調節痙攣より遥かに伸びてしまうため網膜や脈絡膜が引き伸ばされて薄くなってしまい黄斑部に異常が起きて近視になってしまうケースもあります。

 

近視には様々な原因がありますが、スマホの使用によって目がダメージを受ける事が現代では一番危惧されています。

子供に近視が増えている

子供に近視が増えている原因はやはり…

 

スマホやゲーム機器の発達が進んでいる現在、子供たちの近視が大幅に増えてきています。

 

特に近視の進行条件として生活習慣が注目されていますが、子供の頃から慣れ親しんでいるスマホやゲーム機器の可能性が極めて高いと言えます。

 

一昔前ですとスマホは存在せずに子供達は携帯ゲーム機だけだったのですが、今はスマホも普及して幼い子供でも操作方法を知っています。

 

持ち運びが簡単なスマホで豊富なソーシャルゲーム、またハンディゲーム機を連携させて他の事一緒に遊ぶといった発達と共に子供のプレーヤーは増加の一方です。

 

これに比例するかのように子供の近視の割合は増えているのです。スマホやゲームが便利になるほど近視も増えていくのは仕方のないことかもしれません。

 

至近距離でスマホやゲーム機の画面を見続けるので、毛様体筋が硬くなって水晶体が調整できずに固定する現象が起きやすい条件が揃っています。

 

子供にスマホやゲームを行わせる時には必ず目の休憩をさせ、画面から30cm以上離れて見るように習慣を付けさせましょう。

 

小さい頃から近視に悩まされていると、大人になった時に余計に苦しむ事になりかねません。合併症が出て最悪の場合は失明に至る可能性もあるからです。

 

そのため、できるだけ親が子供のスマホやゲームの使用にあたっては管理するべきだと思います。これも愛する子供の目を守るために必要な事と言えます。

近視の治療方法

近視の時に行う治療方法は何?

 

現在の医療技術をもってしても近視を完全に治す方法は残念ながら見つかっていません。

 

眼科へ行って診察を行っても、状態によっては眼鏡やコンタクトレンズの装着を勧められて終わるケースがほとんどです。

 

視力が0.7以下に落ちた場合は眼鏡の使用を推奨されますが、もし日常生活に支障が出ないのであれば無理に矯正する必要が無いと理解してください。

 

眼鏡の使用によって視力が0・8〜0.9程度が保てる状態が理想ですが、あまりにも度の強すぎる眼鏡を使用すると眼精疲労を起こしてトラブルを引き起こすので注意しましょう。

 

ですが近視になりかけている状態であれば、寝ている時に毛様体筋をリラックスさせる専用の点眼液を使用する事で改善が行えます。

 

その点眼液は就寝前に使用する事で毛様体筋をほぐして水晶体の調整が再び行えるようになる可能性が高くなります。

 

近視になってしまったら完治はできませんが、近視になる前なら予防する事が可能だという事を理解しておいてください。

 

また、専用の点眼薬としてマイオピンが有名ですが、近視が出始める6歳〜12歳の時期の就寝前に点眼する事で眼球の伸びを抑制する効果が有ります。

 

点眼するだけという簡単な方法で、尚且つ副作用も出ないので近視の早期対策にマイオピンはおすすめです。

レーシック手術

レーシック手術は危険性もある方法

 

近視を治療する方法の中で特に高い効果が見込める物がレーシック手術です。

 

レーシック手術の内容はレーザーで角膜を削って眼軸を短くして光の屈折を調整する手法ですが、絶対に視力が戻るという保証がありません。

 

さらに保険適用外で約50万程かかる高額であったり、一度削った角膜は二度と再生しない事や、術後に再び視力が落ちたというトラブルが絶えません。

 

もしレーシックを考えている場合、術後のリスクもあるので医師と相談をしっかり納得いくまで行い、安易に手術に踏み切らない方が良いでしょう。

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーは安全に行えます

 

オルソケラトロジーは手術を行わずに近視の状態を改善する新しい治療方法となります。

 

方法も非常に簡単で、専用のコンタクトレンズを寝るときだけ装着するという物です。翌朝起きたらレンズを外すと視界が広がって近視でなくなるという優れものです。

 

仕組みとしては、専用レンズが寝ている間に角膜を広げる事によって光の屈折ポイントを変更し、ピントがしっかり合うようになります。

 

ただし、オルソケラトロジーは近視を根本的に改善する物ではなく、矯正が聞いている時間が経過すれば近視の状態に戻ってしまいます。

 

なので毎日寝る前にレンズを装着する事が必要となります。日中は裸眼で過ごす事が出来るメリットがあるので世間に認知され始めている方法となります。

近視を予防する5つの方法

近視の予防で行うべき5つの事

 

近視の予防で大切なのは、何よりも目を疲れさせない・目の疲れを取る事を優先しましょう。

 

特にスマホやゲームで目を酷使した時は尚更です。早めのケアによって毛様体筋と水晶体を守って近視を予防する事が可能となります。

 

そこで近視予防で行うべき5つのケアを紹介します。

 

1つ目は、正しい姿勢で勉強や読書を行い、適度な距離(30p)以上離れてから見るという事です。

 

学習やデスクワークの時はつい画面や机に顔を近づけて物を見がちですが、この時目の働きは近くを見るために毛様体筋が緊張した状態となります。

 

そして水晶体も縮んで厚い状態となり、目にとっては負担となってしまいます。そこで目の疲れが少ない30cmという適正距離を保つことが欠かせません。

 

また、寝転んで本を読むのは目との距離が近くなってしまうため、目にとっては疲れがたんる一方なので気を付けるようにしましょう。

 

2つ目は「照明は明るすぎず暗すぎずにする」という事です。

 

目にとって適度な明るさですが照明の場合、通常は300ルクスの明るさが必要となります。これは蛍光灯だと15〜20ワットの明るさに相当します。

 

もし明るすぎたり暗すぎると目にとって大きな負担となってしまい、疲れが溜まってしまうからです。また蛍光灯などは直視しないように気を付けるようにしてください。

 

3つ目は「TVを見たり、ゲームを行ったら必ず目を休ませる」という事です。

 

多くの方がスマホやゲームに夢中になると何時間でも連続で画面を見続けてしまいます。この状態だと毛様体筋が疲れて凝ってしまいます。

 

そこで1時間に1回は見るのを中断して目を休めるようにしてください。その際、目の周りを蒸しタオルなどで温めて毛様体筋の凝りと血流を良くするとスッキリします。

 

4つ目は「運動の習慣を身に着け、遠くを眺めて毛様体筋を動かしてリラックスさせる」という事です。

 

運動を行う事で目を近くばかりでなく離れたところも頻繁に見るようになります。この事によって毛様体筋と水晶体を動かすので凝りを防ぐ事が出来ます。

 

また運動す酢ことで体が温まって血流も良くなるので、目にとっても良い影響が得られます。たまに遠くを見る事も運動中にできるのでおすすめです。

 

最後の5つ目は「食事の時に目にとって有効な成分を摂取する」と言う事です。

 

目の健康維持に欠かせない成分はルテイン・アントシアニン・ゼアキサンチン・ビタミンA・ビタミンEなどです。

 

これらの成分は目の疲労や機能維持のために必要で、特にルテインは水晶体や網膜の保護機能を持っています。

 

外部から入ってくる紫外線やスマホの画面から発せられるブルーライトといった有害な光から守ってくれるのです。

 

もしルテインが不足したら目の機能維持は困難になり様々なトラブルを引き起こします。

 

そこでルテインを初めとした有効成分を毎日摂取して目の保護効果を高めていきましょう。

ルテインを効率的に摂取する方法

ルテインを効率的に摂取するならサプリメント

 

近視の予防で特に重要なのが有効成分を摂取する事です。その中でもルテインは目にとって欠かせません。

 

目の健康維持のためにルテインは1日10mgが必要とされています。毎日摂取するにはルテインを含む食材を食べ続ける必要があります。

 

ルテインを多く含む食材は緑黄色野菜などですが、これらの食材ばかりだと長続きしませんし、何より食材の費用がかかってしまいます。

 

またルテイン以外のアントシアニンやゼアキサンチンも同時に摂取するとなると尚更食費がかさむ事は間違いありません。

 

そこでオススメしたいのがルテインサプリメントです。サプリメントならルテインだけではなくアントシアニン・ゼアキサンチン・ビタミンA・ビタミンEも同時に摂取できます。

 

また1日10mgも摂取できますし、サプリメント代も月に4000円前後で済みます。これなら食事の補助として確実に有効成分を摂取できます。

 

近視の予防および目の健康維持のためにルテインサプリを毎日摂取し、目のトラブルが起きずに楽しく過ごせるようにしていきましょう。

 

おすすめのルテインサプリはコチラ