スマホ老眼とブルーライトの深い関係

スマホ老眼はブルーライトが原因の1つだった

スマホ老眼が起きるのはブルーライトが影響している

 

スマホ老眼は今や現代病とも言える目の病気です。そして原因となっているものの1つにブルーライトがあります。

 

実はブルーライトは人体にとって有益であり、有害でもある面を持っています。そして人間のサイクルに欠かせない光でもあります。

 

ですがブルーライトに対する使い方が間違っているとスマホ老眼になり、その後は目の病気へと繋がってしまいます。

 

今回はスマホ老眼とブルーライトの関係について解説いたします。そしてブルーライトについて正しく知っておけば体にとっても欠かせない物だと理解いただけます。

 

以下よりブルーライトについての詳細をまとめましたので、ご参考ください。

 

 

ブルーライトとはどういった光なのか?

ブルーライトの光はどんな種類?

 

ブルーライトは名前にブルーが入っているので青い光の事だと思われがちです。

 

ですが実はブルーライトというのは「光の波長で可視領域内380〜495nm(ナノメーター)の光」の事を指しているのです。

 

もっと簡単に説明すると、目で見える光の中で一番エネルギーの強い光であり、目に対する影響も最大級の物となります。

 

ブルーライトは太陽光に含まれています。太陽光が地球に届き人間の目に届くまでにオゾン層(上空10〜50キロの範囲)と呼ばれる成層圏を通ります。

 

この時、有害な光はオゾン層に吸収されるのですが、紫外線やブルーライトといった強力な光は吸収されずに降り注ぎます。

 

紫外線は主に肌への影響が強いのですが目にとっては良くない光です。そこで日焼けやアンチエイジングといった肌ケアを行っているのです。

 

そしてブルーライトは肌には対して影響ありませんが、目にとっては有益であり逆にスマホ老眼にも繋がる有害でもあるのです。

 

光を認識する時に目の中を通っていくのですが、大抵は角膜や水晶体にあるルテインが吸収して目の奥にある網膜に届く事は少ないのです。

 

しかし、ブルーライトは吸収されにくい特性を持っており、網膜まで到達してしまいます。眼内に侵入してきたブルーライトは硝子体内部で拡散し、コントラスト機能(色・トーン・形などの認識)を低下させて網膜の寿命を短縮してしまいます。

 

網膜までブルーライトがいきわたる状態が頻繁に続く事で目の病気が起きやすい状態になります。今最もブルーライトの影響で増えている病気が「黄斑変性症」になります。

 

ブルーライトはLEDからも発せられる

ブルーライトはLEDを使用した家電製品にも取り入れられており、もはや日常でブルーライトに接さない日は無いでしょう。

 

LEDを採用している製品はスマホ・タブレット・PCモニター・液晶TVといった日常に欠かせないものばかりです。

 

画面の裏側にはLEDが配置されており、見るだけで目にブルーライトが入ってきます。無意識にスマホを使っている時でさえブル−ライトに触れているのです。

 

太陽光に含まれるブルーライトは可視光ですが、LEDから発せられるブルーライトは人工的に作られており、体の機能に悪い影響を与える事が判明しています。

 

PCモニターの液晶画面から波長の短いブルーライトが発せられており、目の疲れや精神的疲労の原因となっており今やスマホ老眼の原因としても認識されています。

 

さらにブルーライトはサ―カディアンリズムにも影響を与え、睡眠障害に関連があるという研究も行われています。

 

ブルーライトが与える身体的影響

ブルーライトによって起こる身体的影響は何?

 

これまで紫外線の目に対する影響は研究によって認められています。

 

そして最も紫外線に近い性質を持ったブルーライトに長時間接した場合、目の疲れや不定愁訴あるいは頭痛と言った症状に発展する可能性が考えられています。

 

先ほど述べたように紫外線に近いエネルギー量を持つブルーライトは眼球を覆う目の重要な部分である「角膜」まで 届く強い光を発しています。

 

そのため、ブルーライトを長時間浴び続けると角膜に異変が起こりはじめ、スマホ老眼や眼精疲労・頭痛といった症状を引き起こしてしまいます。

 

スマホやパソコンの画面を長時間見る事で目が疲れ気味になってショボショボしたり、ズキンといった頭痛が起こるのはブルーライトによる影響です。

 

また、サーカディアンリズムが狂ったり黄斑変性症になる可能性が高くなってしまいます。

 

その反面、うつ病の予防に対しての効果も期待されているという部分もあります。下記にてそれぞれ解説いたします。

 

ブルーライトでサーカディアンリズムが作られる

サーカディアンリズムは概日(がいじつ)リズムと言い、約24時間周期で変動する生物の体内機能です。

 

太陽光に含まれるブルーライトを浴びて目に入る事で朝が来たと認識し、体は日中の活動を行う為にリズムを切り替えていきます。

 

自律神経と呼ばれる交感神経と副交感神経が交互に作用する事で人間の活動は行われています。

 

日中は活発な交感神経、そして休息する夜間には副交感神経がそれぞれ優位になってサイクルが作られています。

 

そして朝になって交感神経に切り替えるキッカケとなるのが太陽光のブルーライトです。これが目の奥に届いて脳にシグナルを送る事で交感神経が優位になっていくのです。

 

昼間は肉体的・精神的に活発になる時間帯です。日中はブルーライトを浴びる事で常に交感神経が活動していきます。

 

夜になると太陽光が当たらなくなるので副交感神経が優位になり、睡眠時のリラックス状態を作る事ができるのです。

 

ただし、夜になってもずっとPCモニターやスマホを見続けていると交感神経が優位な状態が続き、体が起きている状態となって眠りにくくなります。

 

サーカディアンリズムのサイクルを正しくするには、寝る前2時間はスマホやPCを使用しないといった習慣を身に付けていくのが良いでしょう。

 

ブルーライトによって起こる黄斑変性症

黄斑変性症は今最も増加傾向にある目の病気であり、その原因の多くはスマホにあります。

 

元々は50代以降から起きやすい病気だったのですが、スマホの普及によって20代からでも起こりやすくなってしまったのです。

 

黄斑は目の奥にある網膜の中心に約2ミリほどの部位です。通常だと加齢によって黄斑が劣化して視力低下を引き起こすのですがブル−ライトが黄斑に与えるダメージで劣化が早まってしまいます。

 

黄斑変性症になると視界の中心に黒い影が見えるようになったり、中心部が歪んで見えるようになります。

 

最終的に視力を失うケースが多くあり、早期発見で進行を食い止める以外の確実な治療法は未だ発見されていないのが現状です。

 

ブルーライトの影響でスマホ老眼が起こり、そして黄斑変性症に繋がっていきます。

 

若者がスマホ老眼になりやすくなって黄斑変性症が増加しています。これから若者の目の病気はスマホがキッカケとなり、さらに増加していく事が容易に予測できます。

 

ブルーライトが鬱病予防に役立つ

ブルーライトは体にとって悪い影響だけでなく、良い影響も与えます。

 

JRの駅ではホームの蛍光灯をブルーライト系の物に変えている所もあり、自殺防止に役立てています。

 

ブルーライトは気持ちを高める効果もあるので、鬱状態になって気持ちが沈んだ時に高ぶらせる事で活力を取り戻すとも考えられているからです。

 

また、ブルーライトを鬱病患者に使用した実験例もあります。

 

スマホやPCの長時間に渡る使用で目が疲れやすくなり、対策としてブルーライトをカットするPC眼鏡を使用し始めました。

 

期待通りに目の疲れも軽減されて調子は良くなったのですが、逆に気分の落ち込みが続くケースが見られるようになりました。

 

そこでPC眼鏡の使用を一旦やめたてみると、気分変調が改善したという報告例があるのです。

 

これは先ほど述べたサーカディアンリズムと関係があるようで、適度なブルーライトも必要だという証明でもあります。

 

ブルーライトによるスマホ老眼の予防方法

ブルーライトによるスマホ老眼を予防するために

 

目の健康を守るためにブルーライトによるスマホ老眼の予防は必須です。

 

そこで実際に行うべき対策方法を以下に纏めました。

  • ブルーライトカットの眼鏡を使用する
  • 1時間に1回は目を休める
  • 目が疲れた時は目の周りを温める
  • 近くと遠くを交互に見てピントを調整する
  • 定期的に眼科で検査を行う
  • ルテインを毎日補給する

これらの事を日常で意識する事によってブルーライトによるスマホ老眼を守る事が出来ます。

 

ほとんどの内容が体の外部から行うブルーライトの対策で、今すぐできるものばかりです。

 

ですが体内から出来る対策と言うのはルテイン補給だけなんです。

 

それだけ体内で行う対策は限られているのです。

 

ブルーライトの対策を行っても、体内で行う対策が出来ていないと効果は減ってしまいます。

 

そこでなぜ体内対策でルテインが必要なのか?を以下にて解説いたします。

 

ルテインが目にとって必要な理由

ルテインは体内で作り出す事が出来ず、体外から摂取する以外に方法がありません。

 

そしてルテインは目の保護機能として非常に重要な役割を担っています。

 

水晶体や角膜の表面で紫外線やブルーライトを吸収して網膜に届きにくくしているのです。

 

ルテインが不足してしまうと保護機能が低下してしまい、網膜に届くブルーライトの量が増えてしまいます。

 

こうなると黄斑へのダメージ量も増えてしまい、20代でも黄斑変性が起きやすくなってしまうのです。

 

特にスマホを使用し続ける事で目にブルーライトの当たる量は増えています。そしてスマホ老眼になって目の病気へと繋がります。

 

目を守るためにはルテインを1日あたり6〜10mgの摂取が推奨されています。ですが食事だとルテインを含む食材が偏っているので食事バランスも良くありません。

 

そこで効率的にルテインを摂取できるのがルテインサプリメントです。実はアメリカでは目を守るためにルテインサプリメントの摂取を推奨しています。

 

またサプリメントですとルテインだけではなく、目にとって有効なアントシアニンやゼアキサンチンも同時に摂取できるのでおすすめです。

 

ルテインを1日6mgの摂取で黄斑変性症の発症リスクを43%低下させる効果が確認されており、1日6rのルテインとゼアキサンチンを同時接種で白内障のリスクも低減しています。

 

これ以外にもビタミン類といった目にとって欠かせない有効成分が豊富に含まれています。サプリなら食事の補助で飲むだけで簡単に対策が行えます。

 

スマホ老眼とブルーライトを予防し、目の健康を守って行きましょう!